ぼてくん、あはは。

アクセスカウンタ

zoom RSS 邦人人質事件に対する非難決議を可決した参院本会議で、採決を前に本会議場から退席

<<   作成日時 : 2015/02/07 20:51  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

 山本太郎参院議員は6日、過激組織「イスラム国」によるとみられる邦人人質事件に対する非難決議を可決した参院本会議で、採決を前に本会議場から退席しました。

 山本氏はその理由について、記者団に「(決議に)事件の検証、イラク戦争の総括の文言が必要だ」と説明したそうです。
 必要とは、つまり、
1 事件の検証次第では、イスラム国を非難できない。
2 イラク戦争の総括をした結果、イスラム国を非難できないこともある。
ということですから、山本氏にはぜひ国会議員として税金で現地視察に赴いていただき、少年兵士や女性自爆テロ要因、性奴隷、宗教裁判、捕虜の処刑を実際にご覧いただく「必要」が生じたのではないでしょうか。
 山本氏のブログを見ましたが、言っている事は理解できますし、正論かもしれません。
ただ今までの言動を見る限り、どうしてあんな名文をいきなり書いたのかが逆に不思議な気もします。

 今回の決議と「事件の検証とイラク戦争の総括」は別物だとは誰もが思います。
 よって、山本氏の言動は全く理解不能です。
 全会一致での決議! の重要な意味を判っていないようです。
 勝手なヘ理屈は パカ丸出しです。

 今回の事案も含め議員当選当時から行動や言動が軽はずみであり国会議員としての資質が低いと思います。
 参議院議員である以上、任期である6年間は日本国民の為に働いていただけなければならないのですが、彼にはそれだけの人望も信用も有りませんし、知識も無ければ、その知識を受け入れようという姿勢も見受けられません。
 彼にはまだまだ謙虚さと、人の意見を聞く姿勢が必要です。
 話す事も的を射ておりませんし、常識から外れていて、はっきり申し上げますと国会議員であってはならない人だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 人には、人其々の考え方や価値観があるのは当然と思いますが、それに伴う言動や行動が私的なものに限られているのであれば、その言動や言動によって起こるであろう結果は本人の責任となりますが、その人間が「公人」であった場合の言動や行動は、もはや個人の責任と言う範疇ではなく、その公人の持つ権限が大きければ大きいい程、社会に対する影響も大きくなるのは当然ですので、公人としての責任は重大であり、当然ですが、それら公人としての資質が求められるのも当然と思えます。

現在、お隣韓国では、大統領の不正を巡って国民の弾劾運動で大変な事になっておりますが、わが我日本国に於いては、オリンピックや市場移転に関する「頭の黒いネズミ」達の存在が明らかとなっておりますが、それらを束ねる独裁政権による強行採決等の独裁政治が公然と行われる様になっている現実があります。

頭の黒いネズミの駆除や、独裁政権の暴走を何としてでも阻止しなければならないのは当然の事ですが、それには、日本国民一人一人の政治に対する自覚と投票による政治参加が必須と思われます。




kazukun
2016/12/06 09:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
邦人人質事件に対する非難決議を可決した参院本会議で、採決を前に本会議場から退席 ぼてくん、あはは。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる